一気呵成 (いっきかせい) Voice Vol.4

「一気呵成」呵は息を吹きかけるという意味。中国の「乾隆帝文」に出てくる言葉で、凍って動かなくなった筆に息をかけて温め、大急ぎで書くということから、一息に行動することを言います。

今回のタイトル「一気呵成」ですが・・・

知人から勧められて読んだ本に、司馬遼太郎氏の「菜の花の沖」がありました。

幕末の時代、貧しい農民の子として生まれた、のちの「高田屋嘉兵衛」が時代を懸命

に生き抜く中で、大きな志を持って、事業を起こし発展させていく下りは、まさに
「一気呵成」。寝る間も惜しんで読んでしまいました。(これもある意味一気呵成ですね)
その後、蝦夷やロシアとの間多くの苦難にあいながらも・・・

・・・実はまだ文庫本6冊中、3冊目なのでそこまでは読んでいないのですが・・・

後半もとても楽しみですし、勇気が湧いてくる本だと思います。お薦めです。

ae21db865012fd2feb6f230bf71f60e3

 

今回の「一気呵成」に関してのエピソードですが・・・

私の高校の先輩である、林真理子氏が以前パリの美術館でミケランジェロの彫刻を

見たときの事を下記の様に記述していました。

「ミケランジェロの彫刻を見ていると、本当に圧倒される。どんなものをつくるかと、イメージが湧いたら一気呵成に刻(ほる)んでしょう。本当に生きている人間を描写したような力強さがある。彼の作風に圧倒されながらふと気づいたことは、彼は決して石を刻(ほっ)て人物を創りだすのではない、石の中に既にいる人物を彫り出してあげるのだと」 コレを読んで、私も圧倒されました。

もちろん、ミケランジェロと、そして先輩である林真理子さんにです。

 

石から創りだすのではない、石の中に既にイメージを見い出して、ただそれを
形として世の中に出していく。確かにそうなのかもしれませんね。

7b3c561d72b05e80d89c436ebd65e643

ロンダニーニのピエタ

01607b249f3b65af84bc7724548de03d

サン・ピエトロのピエタ

 

 (弊社発行 月刊まるやまVoice Vol.4 2010年8月号より抜粋)