クレド

当社では社員の働く意識を明確にするため、社員の満足度を向上させるため、そしてお客様から喜んでいただくために(リッツカールトンホテルが使用しているクレドを参考に)2005年8月よりクレドを作成しました。
その後会社の成長に合わせ改訂を重ねながら、2015年10月現在6版です。基本は変わりませんが、これからも成長に合わせ改訂をしていくことになると思います。

20項目のクレドを、毎朝1項目づつ読み合わることで、社員と会社の発展、そしてお客様の満足度向上を目指しています。
きちんとしたミッションを持った、会社と社員であることが、きちんとした会社とお客様から、選ばれると思う。
それがトライプランニングの信条でもあります。

クレドのタイトル

1.会社と我々が社会に果たすべき目的
2.お客様に接するスタイルと考え方
3.お客様対応の基本スタイル
4.業務システムの効率的な運用
5.魅力的な人になるためポイント
6.チームワークのポイント
7.健康管理への考え方
8.問題解決のポイント1
9.タイムマネジメントと整理術
10.コミュニケーションの考え方
11.問題解決のポイント2
12.ディスカッションの考え方
13.環境への配慮と取り組み
14.成長できる人になるための心構え
15.お客様からのご指摘への対処方法
16.自己成長へのステップ
17.会社数字への着目方法
18.仕事の判断基準
19.結果思考の考え方
20.組織の考え方

クレドの抜粋

2. お客様に接するスタイルと考え方

私たちはお客様にとって見本となる会社になる必要があります。電話対応、事務処理をみて私たちは評価されます。ですので、言葉使い、立ち振る舞い、表情の全てに留意して、憧れられる人間でありたいと思います

14. 成長できる人になるための心構え

私たちは日々成長できる人間になりたいと思っています。昨日と比べて、何か新しいことに取り組みましたか?昨日の仕事で気づいたことは何でしたか?昨日より成長したと言えることは何ですか?時間は有限です。限りある時間を意識して、一日一日を大切に過ごし、成長していきましょう

15. お客様からのご指摘への対処方法

お客様からのご指摘、ご意見は貴重な情報です。我々のサービスの拙さや未熟さを、無料で教えて下さるからです。このような時には、全員で協力して、丁寧に対応いたします。そしてお客様がご納得・ご満足されるまで徹底的に取り組みます。優先順位は全ての業務の中で1番となります。

このように具体的に制定しています