有能な「社員」、忘れていませんか?

自社のホームページをチェック!

自社サイト=会社案内、といった時代は過ぎ去り、ホームページはビジネス・人とのマッチング等を生み出す役割を担っています。
つまり、総務部門の、営業部門の「社員」と言えるでしょう。
しかもこの「社員」は、365日24時間、黙々と働いてくれています。

人との接触を避ける傾向にある今の時代に、ネット上での情報収集に割く時間は増え、ホームページの持つ役割や重要性はますます強くなりました。

昨今は企業サイトだけではなく、サービスサイト(マーケティングサイトやランディングページ)、採用サイトと複数のサイトを一つの企業が運営しています。
顧客、株主、求職者など、探している人が簡単に、スピーディに探せることがホームページの役割です。

ホームページ 3つのポイント

さて、このように企業にとってなくてはならないホームページです
が、御社は以下すべてに〇がつきますか?

1.社内に担当者がいる(兼任でもよい)
2.月に一度は更新している(最新情報が古くない)
3.定期的にサービスや商品情報を最新のものにしている

1つでも〇が付かない場合は、ホームページが宝の持ち腐れになっている可能性大です!

ホームページも自社の一員として、しっかり面倒をみてあげてください。
必ず会社に貢献してくれますから!

また、本年は特にニューアルのご相談も多くいただきます。
ホームページも改めるタイミングがあります。

・増えてきた情報を整理できていない
・デザインが古く見えてきた
・スマホ対応していない

こんな症状が見えている場合は早急な対応をお勧めします。

一般的にBtoB企業は6年前後でサイトをリニューアルしています。
改めて、自社ホームページを見直してみてくださいね。

 

ホームページは採用でも大活躍

また、会社説明会などがなかなか難しい中、採用についても大きな役割を担うのがホームページ。
特にコロナの影響で大企業が採用を見合わせる中、新卒者の就職先には中小企業も視野に入ってきています。

ホームページをリニューアルをし、デザイン刷新したことで、応募が3倍以上になった企業様も。

こんな時期こそ、できることから着実に。

当社では、ホームページの無料診断もしておりますので、まずはお気軽にお声がけください。

https://triplanning.jp/contact/