小売業・物販業

Home > 業種別ソリューション > 小売業・物販業

日本の流通産業、主に小売業と卸売業は加価値額や約70兆円という、製造業につぐサービス産業の中心となっています。
消費者市場に占めている小売業の存在は非常に大きく、日本の特徴としては中小小売業企業が約70%の売上額を締めています。

「日本では通販など定着するわけがない」と人々が口にする時代もありました。

今では通信販売は小売業の中心となっていますし、ネット通販でも大手通販サイトの国別売上高は、日本国内においても7000億円にもおよぶほど。

では、なぜ通販など定着するわけがないと言われていたのかというと、「日本人は現物を見なければ購入しない」から。
まず疑うことから始める日本人は、「商品が届かないかもしれない」「良い品ではないかもしれない」という疑念を持ち「通販=インチキ」という固定概念を持ってしまっていたからです。
ネット通販市場は消費者の支持を得ていて大きな成長を見せています。
リアル店舗を持つ小売業が全体として伸び悩んでいますから、従来よりも流通業、製造業ともに通販展開を考えネットを活用する動きがあります。
平成25年から国内経済は回復に向かっています。

小売業内ではトップメーカーである衣服ブランド、コンビニメーカーなど。
業務拡大を図る企業が多く、新たに飲食に参入したり通販での販売を拡大したり。
新商品をブランド化させていくなどの様々な動きが見られます。
好調で業績を伸ばしている企業は、経済のグローバル化に伴い海外事業が好調で中国や台湾、香港での売上高上昇を見せています。
そこで、小売業界では国内経済に比例する傾向にあるので、今後の傾向には期待がかかります。