製造業

日本の製造業は労働者、事業所数共に減少し続けてその衰退状況には歯止めが利かなくなっています。
しかし、中には、世界シェアを独占している企業も存在します。
日本は自ら率先して貿易を進めてきた国ではありませんから、住宅の加工貿易立国モデルの見直しも必要です。

日本の製造業は、他の海外企業がやりたくないような分野が目立ちます。

日本の製造業は従業員数が減っていますし、生産付加価値も落ちています。
このこともあり、事業所数の減少という状況が鮮明になり焦る企業が増えたのでしょうし、輸出の条件が改善できたからといってすぐに好転に向かうわけではありません。
円安で回復するのもつかの間、いつ下落するかわからない業界です。
そこで新しいモデルとして「国内拠点の製造所の高度化」に勤めるべきではないでしょうか。
国内拠点を高度化することでコストの低減や従来の方法をも超えるモデルが出来上がるかもしれません。
また、ニーズに踏まえた製品を開発するのはもちろんのこと、モノづくりに大いに貢献できる強力な人材育成も大切です。
グローバルでの変化に柔軟に対応し、国内で結束を高めることによって円滑な展開を見せることができるのではないでしょうか。