建設業

建設業界では、東日本大震災の復興・復旧により後押しされ好調な売り上げを見せていたものの、復興と東京オリンピックの需要が重なり、業界では深刻な人手不足に陥っています。
人手不足もありますが、資源費の高騰をへてさらに建設会社のコストを圧迫している状況です。

業界規模は15兆2,000億円ほど。
日本の建設業は、平成4年度をピークに減少状況が続いています。
平成17年には一時横ばいでしたが、平成20年から更に減少傾向を見せ再び上昇を見せるなど多様な変化を成し遂げてきました。
平成22年にはピーク時の約半分程度まで減少を見せ、さらには東日本大震災からの復旧復興を背景にして連年増加傾向にあります。

建設業は人々の住まいに大きくかかわるお仕事です。

そこで、保全や環境のことを考えたサービスが大切。
多くの建設業者は「社会貢献活動」に積極的に取り組んでいるところが多く自然と共生しようという心掛けを持った方が多いでしょう。

建設業は地域の産業として、経済の発展や労働者の雇用維持に大きく貢献していますから、産業全体の中でも高齢化の影響を最も受けやすいところはこれから考えるべき課題だといえます。